病院薬剤師から転職するなら!

大学薬学部の教育の段階から、病院薬剤師になることを前提とした講義が多い傾向にあり、新卒で、病院を就職先として選択する人は多いのではないでしょうか。

 

実際、病院薬剤師は、とてもやりがいのある職業の一つだと思います。

 

ただ、業務の性質上、労働時間が長くなり、体力も必要な職業です。

 

病院の規模、診療科の数にもよりますが、大学病院など先端医療や急性期医療を中心としている病院では、多くの病気を診ているため、取り扱う医薬品の数はとても多くなります。

 

そのため、病院薬剤師は、さまざまな医薬品の知識を豊富に持っています。

 

また、病院薬剤師は、調剤業務のみならず、病棟での業務も行います。病棟での業務では、医師、看護師などとの連携が大切です。

 

日々の業務の中で、真摯に対応し、他部署と信頼関係を築いていくことが、チーム医療を円滑にすすめるために重要となるためです。

 

スムーズなコミュニケーションを心がけているため、コミュニケーション力が、常に養われています。

 

さらに、容態が変化しやすい患者さんと向き合う臨床の現場で、病院薬剤師も患者さんの状態にあわせて、迅速に、的確、且つ、丁寧な対応をしていくことが求められます。そのため、臨機応変に判断していく瞬発力がついています。

 

病院薬剤師の特徴からどのような転職先があるでしょう

薬剤師という資格を持っていれば、転職も引く手あまたです。
では、どのような転職先があるのか一つずつ紹介します。

 

調剤薬局

このような病院薬剤師の特徴から、病院薬剤師がよく転職先とする職業が、調剤薬局です。

 

病院での調剤の経験を生かして、さらに、病院でつちかったコミュニケーション力で他のスタッフとのコミュニケーション、さらに患者さんへの服薬指導もスムーズにできます。

 

調剤薬局は、調剤、服薬指導の経験を生かすことができ、勤務する調剤薬局によるとは思いますが、病院ほど、超過勤務やなにより、夜勤がないことが、労働時間的に病院薬剤師を続けられないと考えている人には利点ですね。

 

ドラッグストア

OTC医薬品を取り扱う、ドラッグストアに転職もありますね。

 

病院での病気と治療薬の知識で、お客さんに症状から薬の選択を提案することもできるのではないでしょうか。

 

医薬品以外の商品も扱うことになり、残業もあるところが多いようですが、給料面では病院薬剤師より高めですね。

 

CRO

CRO(開発業務受託機関)へ転職というのもあります。

 

CROとは、正式にはContract Research Organizationといって、製薬会社が新薬開発で行う臨床試験を代行、市販後調査の代行など新薬開発のサポートをする企業です。

 

業務内容は、臨床試験のプロトコルの作成、症例登録、担当医へのプロトコル説明や試験の進捗状況の確認、データ入力、集計、解析、資料の作成などです。

 

さまざまな医療機関や製薬会社との交渉で高いコミュニケーション力が必要です。

 

多忙な仕事ではありますが、新薬の開発に関わりとてもやりがいを感じる薬剤師が多いのではないでしょうか。

 

病院で治験に関する業務をしていた人はその知識を活かすことができますね。

 

メディカルライター

在宅でも仕事ができて、医薬品の知識も活かせるメディカルライターという職業もあります。書くことが好きな人には良いですね。

 

医薬品や医療機器の計画、開発、承認に必要な書類、報告書の作成を主な仕事とするメディカルライティングと、医薬品、医療機器の販売促進のための広告、文書作成、新薬の添付文書、インタビューフォーム作成などを仕事とするメディカルコピーライターがあります。

 

製薬企業や医薬品卸し会社のDI業務

DI業務とは、医薬品に関する情報や文献を調査して集め、整理して、必要なときに取り出せ、利用できるよう管理するお仕事です。

 

DI業務は、病院薬剤師も行っている業務で、病院薬剤師の仕事からDI業務だけを専門で行っていく感じですね。

 

大学教員

病院薬剤師として臨床現場での経験を活かして、次世代の薬剤師となる学生に病院の業務を伝えていくため、大学教員への転職も有意義ではないでしょうか。

 

病院薬剤師を辞めたいと考える人に

病院薬剤師は、臨床の現場で、病気やその治療について学ぶことがとてもたくさんあります。

 

薬学の知識を応用して、医療に貢献できる場も多く、とてもやりがいのある職業です。

 

しかし、給料の面であったり、残業や夜勤、休日出勤などがあったり、部内の人間関係、また、家庭の事情や体力的に、「病院薬剤師を続けられないかも」と考えているあなた!

 

病院薬剤師で身につけたスキルと経験を活かして働ける職業は、他にもあります。

 

例えば、調剤の技術や知識、医薬品の知識、また服薬指導のノウハウ、コミュニケーション能力は、調剤薬局で大活躍です。

 

医薬品の知識とコミュニケーション能力は、ドラッグストアでスムーズに仕事が始められるでしょう。

 

病院のDI業務で得た医薬品の情報収集、整理・保管のノウハウは、企業や医薬品卸し会社のDI業務でも役に立ちます。

 

医薬品の知識の多さは、メディカルライターとして活躍の可能性があります。

 

また、治験業務は、CROの企業でアピールできます。

 

大学教員として、病院薬剤師の知識と経験を次世代の薬剤師の育成に役立てるというのも良いのではないでしょうか。

 

などなど、他にも活躍の場所(職業)はまだまだあります。

 

ご自身の希望に合った転職先を探してみてはいかがでしょうか。