薬剤師 辞めたい

高校生のとき、将来どんな仕事につきたいんだろうと考えたとき、漠然と医療系のお仕事がいいかなと思いました。

 

なぜかって、近所の尊敬するお姉さんが医療系のお仕事をしていたからです。

 

私は、化学が好きだったこともあり、薬学部を選択しました。

 

と、かなり軽いのりでした。

 

薬学部で学ぶからには、目標は、薬剤師免許取得です。

 

1年の頃から、毎日ぎっしり授業、実験があり、大学生になったらアルバイトして、なんて夢はどこへやらでしたが。

 

実験では、帰りが遅くなったり、レポートに追われながらも、薬学は楽しいものでした。

 

しかし、まだ、将来就きたい仕事は、なかなか決まりませんでした。

 

大学では、3年生の時、病院実習が必須となっていて、実際に病院で、薬剤師の先生と一緒に、調剤、製剤、病棟での患者さんへの服薬指導などを体験しました。

 

そして、この病院実習が、私の将来を決めました。これが私の進む道と思ったのです。

 

特に、病棟で患者さんの薬剤管理、服薬指導、副作用のモニタリングなどにとても興味を持ちました。

 

同じように調剤薬局でも、患者さんの薬剤管理、服薬指導、副作用のモニタリングはできます。でも、患者さんの状態を把握しながらできるのは病院薬剤師なのです。

 

 

どのような希望を持って病院薬剤師という仕事についたのか?

 

目標が定まったら、まず、薬剤師免許を取得するために、薬剤師国家試験合格!に向けてひたすら勉強でした。

 

今までで一番勉強した期間だったなと思います。本当に大学受験より勉強しました。

 

努力の甲斐あって、無事、大学を卒業し、薬剤師国家試験に合格し、薬剤師免許を取得することができました。

 

しかし、その後、私は、もう少し研究をしたいという思いもあり、大学院に進むことにしたのです。

 

研究室は、当時、薬学部にはあまりなかった臨床研究をする研究室でした。

 

今ほど、研究をしながら、病棟業務をするというように確立したかたちではありませんでしたが、研究をしながら、カルテの見方、検査値の見方、患者さんへの面談など、臨床の現場を経験させて頂きました。

 

実際の臨床の現場を就職前に経験できたことは、とても良かったです。

 

実際に病気の患者さんを目の当たりにしたことで、調剤室で調剤をするだけではなく、病棟に専属で配置されるような薬剤師になり、薬剤師の立場から、患者さんの治療に有益な情報を医師・看護師と共有し、もちろん、患者さんの役に立てるような病院薬剤師になろうと大学病院の薬剤部に就職しました。

 

実際に病院薬剤師として働き出して感じたこと

病院薬剤師辞めたい

 

私が就職した頃は、どんどん病棟薬剤師を増やしていこう、という過渡期でした。

 

そのため、薬剤部としては、薬剤師の仕事をどんどん拡大していきたい。

 

しかし、まだまだその必要性は病院全体には認識されていない状況でした。

 

薬剤師は少ない定員でやっていかなければなりません。

 

結果、ひとりがいくつも仕事を掛け持ちしてこなすしかなかったのです。

 

入部前は、しっかり病院薬剤師としての基礎を築いて、医師・看護師からの質問にもさくさくと答えられる自信をつけてから、病棟へ行くものだと思っていましたが、実際は、調剤を一通りできたら、はい、いってらっしゃいと言わんばかりに、病棟へ配属となりました。

 

何をどうしたらいいのか、指導してくれる先輩薬剤師も他の業務も忙しく、合間にみてくれる程度でした。

 

その当時は、病棟に薬剤師は必要といってくれる医師、看護師もいましたが、まだまだ多くの医師、看護師は、「病棟で薬剤師に何が出来るの?」といった雰囲気で、病棟では完全アウェイでした。

 

私自身も「いったいなにができるか?」手探りでしたから、手当たり次第、”薬剤師がしたらいいんじゃないか?”ってことをやっていきました。

 

それが後々、オーバーワークとなり、辞めたい理由の一つに繋がってしまったのですが。。。

 

辞めるときもしっかりと転職サイトを利用しました。せっかく長い時間をかけて勉強し薬剤師資格を取ったんだから薬剤師として転職すること以外は考えられませんでした。

 

薬剤師資格を持っていたら病院だけじゃなくて、薬局、クリニック、製薬会社の研究員などどんな所でも働けますからね。

 

もちろんそれを考えて薬剤師資格を取りましたからね。

 

転職活動で見つけたおすすめ転職サイトを紹介していこうと思います。

 

薬剤師におすすめ転職サイト

薬剤師ナビ

薬剤師ナビ

 

薬剤師ナビのおすすめポイント

薬剤師ナビ

薬剤師ナビ

薬剤師ナビ

 

リクルートメディカルキャリア



病院で薬剤師として働くのは嫌だけど、ドラッグストアなら調剤薬局でなら・・・などと色んな希望があると思います。

子供が手がかかる時期なら家の近くのドラッグストアの方が都合が良いでしょうし、旦那がしっかりと稼いでくれるならそこまで給料はいらないし・・・などと自分に合った働き方をみつけることができるのは、リクルートという人材大手の会社が母体であるこちらのリクルートメディカルキャリアの強みだと思います。

こちらのサイトも利用していました。

病院薬剤師,辞めたい

病院薬剤師を辞めたいと思った理由!

 

 

  • 他の業種の薬剤師に比べて給料が安い
  • 夜勤、休日出勤がある
  • 1人がこなさなければならない業務の種類が多すぎる
  • 残業が多い
  • 人間関係
  • 自分の時間がない

 

他の業種の薬剤師に比べて給料が安い

薬剤師の就職先としては、企業、調剤薬局、ドラックストア、病院薬剤師などがあります。

 

中でも病院薬剤師は、他の業種に比べて、給料は安いです。結構、業務内容はハードなのに、給料はあまり比例していませんね。

 

調剤薬局に就職した大学の友人との給料の差にびっくりしたことがあります。

 

夜勤、休日出勤がある

病院は、夜間・休日の緊急外来もあったため、夜勤、休日出勤があります。

 

夜間、休日は、基本、薬剤師は1人で緊急外来の調剤、入院患者の調剤、注射剤の払い出し、電話対応をしなくてはならず、てんてこ舞いでした。

 

休日は、2時間ほどは2人体制でしたが、それでも2人とも動きっぱなしの状態。とてもハードでした。

 

さらに、夜勤明けもすぐ帰れるわけではなく、病棟の仕事をこなして昼頃帰宅なんていうこともざらです。

 

入部当初は、若いこともあり、夜勤明けも元気でしたが、年齢が上がるほど辛くなっていきました。

 

1人がこなさなくてはいけない業務の種類が多すぎる

これは、各病院によって方針が違うと思うので、全ての病院薬剤部がそうとは限りませんが、私の勤めていた薬剤部は、オールマイティーな薬剤師ということで、病棟薬剤師は、それぞれが、調剤、製剤、TDM、抗がん剤の混注、病棟業務、DI業務のすべてをこなしていました。

 

調剤、製剤、TDM、抗がん剤の混注は、全診療科の外来、入院分をシフトで行います。
病棟業務、DI業務は担当診療科分を行います。

 

1週間に数時間ずつ、調剤の時間、外来窓口担当の時間、薬剤混注の時間、というようにシフトが組まれていました。これにより、病棟業務が中断され、残業へと繋がっていきました。

 

さらに、大学病院という性質上、学生さんの指導という仕事もありました。

 

学生さんは、実習期間中、それぞれ臨床研究テーマをもって、研究をしながら、薬剤管理、服薬指導等を行います。

 

薬剤師は、その指導にあたります。

 

症例報告会や研究報告会の内容のチェックなどもあり、業務の傍ら良くこなしていたなと自分のことながら、感心します。

 

しかし、あまりの激務にホルモンのバランスを崩し、婦人科系の病気にかかってしまったこともあります。

 

幸い、薬の服用で回復しましたが、結構、体もボロボロだったんだと思います。

 

少し立ち止まって、今後について考える機会になりました。

 

残業が多い

病棟でも、薬剤師ができることをアピールするため、結構仕事を抱えていました。

 

しかも、病棟配属の薬剤師は、1病棟1薬剤師しかいません。すべて1人でこなさなくてはいけませんでした。

 

その上、薬剤部内にも業務が盛りだくさんあり、到底、就業時間内に終わるものではありませんでした。

 

超過勤務は残業代を申請できましたが、毎日23時や夜中0時までを申請することも出来ないというのが現実でした。

 

毎日、家には寝に帰るだけというような毎日でした。

 

人間関係

どこの職場にも少なからずあるものだとは思いますが、派閥みたいなものがあり、○○さんだけ、優遇しているとか、○○さんはあーだこーだとうわさをしたり、ちょっと面倒な人間関係がありました。

 

他にも、薬剤師って比較的女性が多いので、職場でもランチタイムはうわさ話タイムになっていて、先輩薬剤師の人たちが、新人のうわさ話に華をさかせてました。

 

私は、その空間が嫌で、ほとんどお昼時間は、休憩室に行かず、食堂で食べていました。

 

自分の時間がない

最終的には、自分の時間がないことが、私が病院薬剤師を辞めたいと思った一番の理由ですね。

 

病棟での仕事は、薬剤師がしたらより良いことを始めて行ったら、あれもこれもとなってしまって、お仕事は、増える一方。

 

さらに、医師や看護師、患者さんからの質問にも答え、即答できないことは、調べて報告をしていました。

 

病棟のお仕事は、医師、看護師、患者さんから認められるほど、頼って頂けるため、仕事量は増えます。

 

自分が2人いたらいいのにと何度思ったことか。

 

病院薬剤師は、本当にやりがいのある仕事で、患者さんの容態を認識した上で、薬剤師として薬のアドバイスをすることができ、また、薬剤の血中濃度をモニタリングして、投与量のアドバイスをしたり、薬学の知識を持って、薬剤師の活躍できることがとても多くあります。

 

しかし、裏を返せば、一時たりとも気を抜くことができない仕事でもあるなあと思います。

 

いつも気持ちを張り詰めていて、長い間、「自分のための時間」を持ちませんでした。

 

就職したての頃は、それでも良かったのですが、年齢を重ねていくにつれて、これで私の人生はいいのだろうか?ほとんど病院内だけで、外の世界を知らないな、自分のために使う時間もほしいなと思うようになりました。